QR決済について思う事

巷では7Payがやらかしたり乱立する○○PayにうんざりされたりしているQR決済ですが自分が思うことなどを記憶の整理も兼ねて書き出してみます。QR決済の紹介は省きます。

 

QR決済に失望されているのか「中国のマネをしてQR決済なんて無理にはやらせなくてもFeliCaがあるだろう!!」みたいな意見を見かける事が多くなったのでQR決済とFeliCa決済について違いなどを書き出してみようかなと

 

FeliCaを用いた決済の利点としては決済スピードが挙げられると思います。これは本当にすごいと思います。自分は近年上海、ドバイ、リスボンに旅行で行きました。これらの都市でもSuicaのような非接触式のICカードがあるのですが、読み取りの感度は悪いし速度も非常に遅いのが衝撃的でした(これは鉄道のシステムの問題もありそう)。これらの都市の交通系ICカードではカードを読み取り機にぴったりと押し付けないといけないため、定期入れという概念はそもそも存在しないといた状態でした。

FeliCaを用いた決済では他にもnanaco、WAONなどがありますが、これらも非常に決済のスピードが速いのが特徴的ですね。

FeliCaのメリットはこれくらいしかないと自分は考えています。日本発だからかもてはやされているFeliCaですが正直決済スピード以外はクレジットカードの下位互換かなと。

 

次はFeliCaのデメリットを挙げてみようかと思います。

まずセキュリティーが脆弱すぎます。カードを入手すれば誰でも決済ができてしまいます。簡単に不正利用ができてしまうのに不正利用に対する保証も無し。クレジットカードに比べるとこの点はかなり劣っていると思います。

次に端末費用。日本のレジではクレジット読み取り機にオプションで電子マネーを付ける事が多いみたいです。クレジット読み取り機だけでも高額なのにさらに追加料金がかかるとなると小さな商店などでは導入コストに二の足を踏んでしまいますよね。導入コストが非常に高いため普及しにくい、導入される場所に限界があるといった点もデメリットだと思います。(これは商売をする人にとってだけですが)

以上の事からFeliCaは少額の決済をパパっと済ませたい場面で有効だと思いますが、一方で導入費用が高く普及の観点では△ですね。Suicaが普及してかなりの時間が経っていますが利用できる場所に限りがある。これはSuicaの限界を示している例だと思います。

 

一方でQR決済ではセキュリティーも多少はマシですし(7Payのようなのは論外ですが)なんといっても導入コストが安いのが魅力的だと思います。QR決済での設備投資はQRコードを印刷したシールを貼るくらいですからね。自分が一昨年上海に行ったときはQR決済全盛期って時期だったのですが小さな商店でもQR決済が行われていてQR決済の強みを感じました。

決済方法としては後発にも関わらず爆発的にQR決済の加盟店が増えている事は評価すべき点ですね。

導入コストが低くなると今までは使えなかった場面でもキャッシュレス決済にできるようになります。このような傾向はきっと消費者にとっても利益のある物になるのかなと期待しています。